原状回復費って必ず必要なの?

原状回復に必要な費用である原状回復費はある程度必要

賃貸住宅を借りた時には様々なルールがあります。その中に、契約が終わって出る時には、元の状態にして戻すというルールがあります。借主は物件を解約する際は、借りた時の状態と同じようにして返すというルールです。
このルールは原状回復といわれます。原状回復は、最初の状態に戻すという意味で、賃貸住宅の場合には引っ越しの際に運び込んだものは残さずに退去するということになります。また、住んでいる間に汚れてしまったところはきれいにしてから返すということなのです。そのような意味で、原状回復費用はある程度必要なのです。入居する際には多くの場合には敷金を支払っています。最近ではないところもありますが、汚れたりした部分をきれいに掃除するための費用などは何らかの形でチャージされるようになっています。

原状回復にかかる費用は実際のところ必要になっている

原状回復に必要な費用は普通に住んでいても生じてしまう壁の汚れなどを元の状態に回復させて、次に入居する人が入居しやすいようにしておくために必要とえいます。
例えば、入居する時に敷金を支払うという賃貸契約だと、その敷金は原則として退去時に返還されるようになっている場合が多いのです。しかし、その敷金が全額返却されるかというとそうではありません。退去後のクリーニング代のような形で実質的に一部引かれている場合が多いのです。設備などの一部が回復不能なくらいに壊れてしまっているという特別なケースなどの場合には、返還されるどころか修理費を逆に請求されるかもしれませんが、普通に住んでいた場合に汚れてしまったりした部分については敷金から引かれています。そのため、原状回復費は実際は必要なケースが多いのです。