入居時のコストには何があるの?

賃貸物件に入居する際の初期費用

賃貸アパートやマンションを借りるとき、家賃以外にも初期費用がかかることがあります。知らずに申し込んだ後で、請求された金額に驚く、ということのないよう、しっかり把握することが必要です。
以前から知られている、礼金(家主さんへ支払う謝礼)や敷金(保証金・修繕費などとして支払う費用)仲介手数料(不動産業者に払う手数料)の他に、賃貸保証料(保証人が不要な代わりに保証会社に支払う費用)、家財保険や火災保険料(入居時と更新時に支払うことが多い)などが一般的です。この他、鍵交換料、室内クリーニング料、アンテナ設置料、自治会費などが必要な物件もあります。
物件により初期費用にもかなりの差があることを頭に入れておきましょう。

入居時の費用を抑えたい

不動産会社のサイトや、物件検索サイトには「敷金・礼金ゼロ!」をアピールした物件が多くあります。一見初期費用があまりかからないように感じられますが、従来は敷金に含まれていた費用を、室内クリーニング・補修代の名目で徴収している場合もあります。鍵交換料は、交換を希望しなければ払う必要がないこともあるので、不動産業者に交渉してみるのもよいでしょう。
また、火災保険料や共同アンテナ使用料、自治会費などは、表記が月額なのか年額なのか、年額ならまとめてはらうのか月払いなのかで、初期費用も大きく変わってきます。
自分の基準で思い込みをして、後で思わぬ費用がかかったと後悔しないよう、希望の物件を見つけたら、必ず初期費用の見積もりを不動産業者に作成してもらい、じっくり検討してから申し込むことが入居時の費用を抑えることにつながります。

釧路は北海道の中でも冬の寒さの厳しい街です。ですから釧路の賃貸物件は寒冷地対策がきちんとなされていてストーブをつければ寒くないような物件が望ましいです。